【つみたてNISA】メリットだけじゃない?デメリットを紹介!

家計管理

資産運用を最近始められた方は、まずつみたてNISAから始められた方が多いと思います。私もそのうちの1人でした。
またこれから始めようとされている方は、まずつみたてNISAを考えられているのではないでしょうか。
長期で分散投資ができるつみたてNISAは投資経験がない方でも比較的簡単に始められる“投資の王道”と言われています。

いろいろなメリットが多い、投資の王道と言われているつみたてNISAにももちろんデメリットが存在するんですね。
ですので、今回はつみたてNISAのデメリットを紹介していきます!
メリットは分かったけど、デメリットってない?のという方や、すでに知っているよという方は改めて復讐という意味で見ていただければ嬉しいです!

投資の途中でこんなはずじゃなかった!とならないようにあらかじめ知っておいていただければと思います!

それでは本題です!

つみたてNISAとは

まず簡単につみたてNISAとはどういう制度なのかということを紹介していきます。
以前、つみたてNISAの制度とメリットを紹介した記事を作成しましたので、興味がある方は以下の記事をご覧ください!

つみたてNISAってなに?初心者におすすめ!制度とメリットを紹介!
...
つみたてNISAとは

少額からの長期・積立・分散投資ができる資産運用の方法です。
年間40万円までの投資が可能で、最長で20年間非課税になる制度です。

20年間税金がかからずに資産運用ができる制度と思っていただければ大丈夫かと思います。

もともとNISAという制度はあったのですが、長期の運用には向いていない制度でした。そこで、非課税の期間を長くして長期投資が可能な「つみたてNISA」という制度が2018年にできました。
非課税で長期間運用ができるため、老後資金の準備手段として有効な制度だと思います。

つみたてNISAのメリット

では、デメリットを紹介する前に簡単にメリットも紹介していきます。

主なメリットは以下のとおりです。

  • 20年間利益に税金がかからない
  • 少額から投資が始められる
  • 低コストで長期運用が可能
  • ドルコスト平均法で平均買付単価を抑えられる

1つずつ簡単に解説していきます。

20年間利益に税金がかからない

つみたてNISAで運用した利益や分配金は20年間非課税となります。
本来、課税される口座で運用した場合、利益に対して20.315%の税金がとられてしまいます。
100万円で買った商品が120万円で売却した場合、利益20万円に対して約4万円が税金としてとられてしまいます。
つみたてNISAの場合は、20年の間は運用で出た利益が丸々受け取ることができるんですね!長期で運用した場合は、その分税金でとられる額も大きくなるので、すごくお得な制度ですよね!

小額から投資が始められる

毎月の投資金額は少額から始められるのがつみたてNISAの特徴です。
毎月の上限は33,333円ですが、家計や生活に合わせて、1,000円からや15,000円からなど負担のない範囲で始めることができます。
家計に余裕が出てきたら増額することも可能なので、生活に合わせた運用をすることができます!

低コストで長期運用が可能

つみたてNISAで購入できる商品は金融庁が定めた条件に合格した、「長期」「積立」「分散」投資に向いている投資信託・ETFに限定されています。
投資信託の中には信託報酬(管理・運用してもらう経費のこと)が1%や2%も取られる投資信託もあります。そのような高コストの商品を排除してくれているので、投資初心者でも始めやすい投資方法となっています。
投資信託の利回りは3%くらいが目安なので、1~2%もとられていたら利益がほぼ出ませんよね。

ドルコスト平均法で平均買付単価を抑えられる

ドルコスト平均法とは、一定の金額を長期分散して定期的に買い続ける手法です。
価格が低いときは多く、逆に価格が高いときは少なく購入します。
この手法で買い付けを行うことで、結果的に毎月一定数を買付する場合に比べて、買付単価を抑えることができます。
投資信託は価格が変動するために、初心者の方は特に、買うタイミングがわからないと思います。今が安そうだから買おう!と思って購入したら、もっと価格が下がってしまった…なんてことはあり得る話ですよね。
なにも考えずに同じ金額を投資するだけで、結果的に買付単価が抑えられると考えたら、初心者にもやさしい投資方法ですよね!

つみたてNISAのデメリットは

つみたてNISAの制度、メリットをおさらいしたところで、本題であるデメリットを紹介していきます。

主なデメリットは以下のとおりです!

  • 非課税期間が終了時に含み損だと取得単価が下がる
  • 選べる商品が限定されている
  • 非課税枠が持ち越せない

 

1つずつ解説していきます!

非課税期間が終了時に含み損だと取得単価が下がる

まずは、20年後の非課税終了時に購入価格より値下がりしていたら、取得単価が下がってしまうということです。私はこちらが最大のデメリットだと思っています!

まず、つみたてNISAは20年で絶対に売らなければいけないものではなく、20年以降も運用することが可能です!
もし仮に40万円のものが20年後に100万円になっているとします。
非課税期間終了前に売却すると、差額60万円がそのまま利益として受け取ることができます。
一方、売却せずにそのまま持ち続けると、終了時の100万円が新しい取得価格となり、課税口座で運用することになります。
その後120万円になった時に売却すると、差額の20万円に税金がかかってくるということですね!
初めから課税口座で運用していると80万円に対して税金がかかってしまうので、つみたてNISAで運用しているだけで節税の効果があるのでお得ですよね!

20年後に価格が上昇していたら、つみたてNISAの恩恵を受けれらるわけですが、もし価格下がっていたら、損をする可能性があります。
画像を用いて説明したいと思います。
こちらは金融庁のNISA紹介ページから引用してきました。
一般NISAを例にして紹介されていますが、つみたてNISAでも同じだと思ってください!

この画像の場合は、購入価格が120万円の商品が、非課税期間終了時に100万円になっていた場合を想定されています。
この場合、新しい取得価格は100万円となります。
そしてその後、課税口座にて130万円になったタイミングで売却すると新しい取得価格からの差額30万円に対して税金がかかってしまいます。
初めから課税口座で運用している場合、差額の10万円に対して税金がかかります。
どちらも初めの取得価格からみると差額は10万円ですが、始めから課税口座で運用している場合は、差額10万円に税金がかかってくるに対して、NISA制度を使っていた場合、30万円に対して税金がかかってしまうんですね。

ただ、過去の運用実績から考えると運用期間が長期である程、マイナスになる可能性は低くなっていますが、未来のことは誰にもわからないので、今後はどうなるかわかりませんよね。
このようなリスクがあるので、もしものために別の方法で資金を準備しておくことは必要かと思います。

選べる商品が限定されている

つみたてNISAで投資ができる商品は、金融庁が厳選した投資信託・ETFのみ購入が可能です。2021年6月現在では199本が対象となっています。
つみたてNISAでは、個別の株に投資することができないため、課税口座で購入するか、一般NISAに変更する必要があります。
こちらは厳選されていることが、初心者の方にとってはメリットともいえるのですが、少し投資の自由度が低いところがネックといえるかと思います。

非課税枠が持ち越せない

つみたてNISAは1年間(1月~12月)で40万円まで非課税で運用できますが、非課税枠は翌年以降に持ち越すことはできません。
ある年の1年間で30万円つみたてをしていた場合、非課税枠は残り10万円ありますが、翌年の1月を迎えた時点で非課税枠は閉じてしまうので、残りの10万円に投資することはできなくなってしまいます。
そのため、毎年計画的に非課税枠を埋めていけるように運用していきましょう!

また、ある年の非課税枠40万円を使っている状態から、年の途中で10万円分売却したとします。
そうすると非課税枠は10万円新たに使えそうに見えますが、つみたてNISAは買い切りなので、年の途中で売却しても新たに非課税枠が使えるわけではありません。
そのためどんな商品に投資をするかも注意が必要ですね!

 

 

今回は、つみたてNISAのデメリットを紹介してきました。
今回紹介した以外にも、スポットで購入ができなかったり、一般NISAとの併用ができなかったりとデメリットと思われることはありますが、あくまでつみたてNISAは「長期」「積立」「分散」に特化した投資方法となります。
大きな投資資金があって、個別株にどんどん投資するぞ!と思っている方がつみたてNISAを始めても、目的と手段が合わなくなってしまうので、つみたてNISAとはどんなものかということを調べておくことは大切なことだと思います。

つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットを理解したうえで資産形成を進めていきましょう!
ご覧いただきりがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました