つみたてNISAってなに?初心者におすすめ!制度とメリットを紹介!

家計管理

資産運用を始めるときに、「つみたてNISA」ってよく聞きますよね。
みんなが実践しているけどよく聞くけどなにかよくわからないという方いらっしゃるかと思います。
私も始める前は、よく聞くけど、どういう制度なの?と思っていました。

今回は、つみたてNISAの紹介をしていきたいと思います。
この記事ではつみたてNISAの基礎知識・制度やメリットを紹介していこうと思います。
つみたてNISAはお得な制度です!この記事をみて始めてみる方や、すでに始めている人が改めて制度の理解を深めていただければ幸いです。

NISA制度とは

NISAとはNippon Individual Savings Accountの略で、日本語になおすと、少額投資非課税制度となります。
つまり、株式や投資信託の利益に税金がかからない制度ということになります。
通常は株や投資信託などに投資をした場合、株の売却益や株の配当金に対して約20%の税金がかかります。しかしNISAを利用すると、売却益や配当金等の利益が非課税になる制度のことです。

一定の期間、税金がかからずに資産運用ができる制度と思っていただければ大丈夫かと思います。

またNISAというのは投資する商品ではなく、投資する商品を入れる箱のようなものだと思ってください。
NISAという非課税の箱に自分で決めた商品を入れていくようなイメージですね!
通常の口座(特定口座)と比べて、利益に税金がかからないので、まずはNISAの口座を開設して優先して使うのがいいかと思います!

つみたてNISAとは

積立に特化したNISAで商品を厳選し、長期運用できるように設計された制度のこと

もともと一般NISA(ここではわかりやすく通常のNISAを「一般NISA」といいます)はすでに制度としてあったのですが、非課税期間が短く長期投資には向いていませんでした。また選べる商品が多くなかなか手が出しづらく、あまり普及しないという問題がありました。

そこで、商品を金融庁が厳選した商品のみに投資ができ、非課税の期間を長くして長期投資が可能な「つみたてNISA」という制度が2018年にできました。

それでは一般NISAとつみたてNISAの違いを見ていきましょう。

一般NISA、つみたてNISAの比較

一般NISAとつみたてNISAの違いはこんな感じになっています。

一般NISA つみたてNISA
年間投資額 120万円 40万円
非課税運用期間 5年 20年
投資対象 株・投資信託・ETF・REIT 投資信託・ETF
購入方法 一括・積立 積立

表から特徴的な箇所だけ紹介しますと、非課税になる期間としては、一般NISAは5年と短く、つみたてNISAは20年と長く運用ができる制度になっています。

投資対象ですが、一般NISAは幅広くさまざまな銘柄に投資ができますが、つみたてNISAは投資信託とETFに限られています。つみたてNISAで投資できる銘柄は先ほども記載したように金融庁が定めた商品のみに投資ができる制度となっています。

最後に購入方法ですが、どちらも毎月金額を設定して積立てていく方法がありますが、一般NISAは一括でスポットの購入が可能になっています。

つみたてNISAを調べた方は「毎月33,333円積立てる」という言葉を聞いたことがあるかと思います。これは年間投資額の40万円を12か月で割った金額が33,333円ということですね!私はキリが良い33,000円を積立てています。

一般NISAとつみたてNISAは併用ができないため、どちらかの制度を選んで活用していくということになります。
毎月コツコツ長期で運用しようとする場合は、つみたてNISAがおすすめです!
一方、まとまった投資金額があり、年間40万円以上投資を考えている方は一般NISAを選ぶといいのではないでしょうか。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットを紹介していきます!
メリットは以下のものがあります!

  • 20年間利益に税金がかからない
  • 少額から投資が始められる
  • 低コストで長期運用が可能
  • ドルコスト平均法で平均買付単価を抑えられる

 

1つずつ簡単に解説していきます。

20年間利益に税金がかからない

前節で紹介したように、20年間は非課税で運用ができます。課税される口座で運用した場合、利益に対して税金が差し引かれた金額が利益として受け取ることができますが、つみたてNISAの場合は、本来の利益が丸々受け取ることができます。

簡単にシミュレーションすると、40万円積立てた投資額が利回り5%で運用した場合、20年後には約106万円になります。(運用手数料等は考慮していません)

野村証券の「マネーシミュレーター「みらい電卓」~運用編」で試算した結果が以下のとおりです。

この場合、運用益は106万円-40万円の66万円となります。

もし、課税される口座で運用した場合は、66万に対して20%の税金がかかるので、約13.2万円は税金でとられてしまいます。しかし、つみたてNISAで運用した場合は66万円がもらえるということです。

20年も長期で運用した場合は、税金でとられる額も大きくなるので、すごくお得な制度ですよね!

小額から投資が始められる

毎月の投資金額は少額から始められるのがつみたてNISAの特徴です。絶対に毎月33,333円つみたてないといけないわけではなく、家計や生活に合わせて、1,000円からや15,000円からなど負担のない範囲で始めることができます。

個人的には、せっかくなら非課税枠の40万円を投資することをお勧めしますが、積立て投資によって生活ができなくなったら元も子もないですからね。

33,333円も積立てできないよという方は、まず節約や固定費の見直しを行い、投資額を作ることから始めてみてはいかがでしょうか。

低コストで長期運用が可能

つみたてNISAで購入できる商品は金融庁が定めた、「長期」「積立」「分散」投資に向いている投資信託・ETFに限定されています。2021年6月現在では199本の商品に投資ができます。

つみたてNISAで購入できる商品の条件は、販売に対する手数料が0円、信託報酬(管理・運用してもらう経費のこと)が0.75%以下などがあります。

中には信託報酬が1%や2%も取られる投資信託もあるので、高コストの商品を排除してくれているので、投資初心者でも始めやすい投資方法となっています。

投資信託の利回りは3%くらいが目安なので、1~2%もとられていたら利益がほぼ出ませんよね。

ドルコスト平均法で平均買付単価を抑えられる

ドルコスト平均法とは、一定の金額を長期分散して定期的に買い続ける手法です。この手法で金融商品を購入すると、価格が低いときの購入量は多くなり、価格が高いときの購入量は少なくなります。

こちらもシミュレーションしてみました。ある値動きをする商品に対して、毎月3万円ずつドルコスト平均法で1年間(12か月)購入したとします。
すると以下のような表になります。

最終の投資金額は36万円で60口購入することできました。1口あたりの平均買付単価は6,000となります。
この時の最終評価額としては、60口を最終価格7,500円でかけると45万円になるため、投資額の36万円と比べると9万も含み益が出ていることが計算できます。

こちらがドルコスト平均法のメリットですね。

またもう1つシミュレーションをしてみると、同じ値動きをする商品に毎月5口ずつ購入して12か月で同じ60口を購入した場合だと以下のようになります。

おなじ60口を購入していますが、投資金額は約44.9万円で1口あたりの平均買付単価は約7479円となります。
ドルコスト平均法を比べて、投資金額が約9万円も違うんですね!

正直、今回はドルコスト平均法がお得になるように値動きをいじりましたが、なにも考えずに同じ金額を投資するだけで、結果的に買付単価が抑えられると考えたら、初心者にもやさしい投資方法ですよね!

おすすめの投資信託は?

前節のメリットを見ていただいて、初心者にもやさしくお得な制度ということが分かっていただけたかと思います。
もちろんメリットだけではなくてデメリットももちろんあります。それは長くなってしまうので、また別の記事で書こうと思います。

では、最後におすすめの投資信託を紹介して終わりにしたいと思います。

ご覧いただく前に注意ですが、あくまで私が良いなと思っている商品を紹介しますので、参考程度にご覧ください。気になった銘柄があれば目論見書等をご自身で調べていただくことをお勧めします。

おすすめ投資信託

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • ニッセイ外国債券インデックスファンド

 

1つずつ簡単に紹介していきます!

楽天・全米株式インデックス・ファンド

商品の名前のとおり、楽天証券で取り扱っている、アメリカ全体の企業に投資する商品です。
投資対象は大型株から小型株まで幅広くカバーしています。
利回りも長期的に見て上昇している商品となっています。

似ている商品で「eMAXIS Slim 米国株式」というものがあります。
ほぼ同じといってもいいかもしれませんが、こちらは大型株に集中して投資を行っているので、これからは大型企業がますます成長するだろう!と思う方は「eMAXIS Slim 米国株式」でもよいかもしれませんね。
ただ、長期的なリターンを見ればそれほど大差ないので好みの部分もあるかもしれません。

1点注意する点としては、米国株のみに投資しているので、今は成長率も高くて魅力的ですが、ずっと続くかはわかりませんので、そこを理解したうえでの購入が必要です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

日本を含む先進国、および新興国の株式に投資している商品です。
この商品1本で全世界に分散投資できる銘柄となっています。

私も実際にこちらの商品を定期購入しています!

このさきどの国が成長するかわかりませんよね。そんな時にこの商品を購入しておくことで、成長を取りこぼすことなく恩恵を受けることができます。
ただ、組み入れられえている50%以上は米国株となっているので、そこは注意しておく必要があります。

とはいえ、この商品を取り扱っている証券会社は多く、ランキングで上位にあがってくる銘柄ですので、信頼性はあると思います。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

こちらは「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」と同じく全世界に投資している商品となっています。

違うところは、投資対象から日本が除かれているというところです。
普段は日本で過ごしていて、給料も円だし、将来もらえる年金も円なので、投資としては日本を除きたいよという方におすすめですね。

過去の利回りも5%ほどと高く、おすすめできる商品かと思います。

 

投資信託の商品は様々ありますが、以下の点をクリアしている商品であれば一定の信頼はおけるのではないかと思っています。

  • インデックスファンドであること
  • 100%株式の銘柄であること
  • 分散投資されているもの
  • 信託報酬が安いもの
  • 純資産総額が多いもの

今回はつみたてNISAの制度とメリットを紹介してきました。
すこしでも参考にしていただければ嬉しいです。
今回紹介できなかった、デメリットなどはほかの記事で紹介できればと思っています!

ご覧いただき、ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました